塗装工事

建物を長く守る外壁塗装・個性を追求する内装塗装

塗装工事は外壁・内装を問わず、幅広く対応しております。
戸建て住宅であれば、雨風や紫外線によって防水性が徐々に失われているとされており、家を守るためにも約10~15年ごとの外壁塗装が業界全体で推奨されています。

また、室内の壁や天井などを塗装する内壁塗装は壁紙クロスよりややマイナーですが、クロスにない高級感のある仕上がりが特長です。内装にこだわりのある方や個性を求める方のご要望に沿えることができるでしょう。
現在は臭いが抑えられた塗料や、健康被害を及ぼすホルムアルデヒドの放散量が少ない塗料が開発されているため、小さなお子様がいらっしゃる方や食品を扱う飲食店様にぴったりのものが見つかりやすくなりました。

塗装工事に付随してコーキング打ち替えや足場工事も可能ですので、ぜひお任せください。

外壁塗装

外壁塗装は見た目を整えるだけでなく、防水性を高めて雨漏りを防ぐという大きな役割があります。
雨漏りは深刻なものという印象があまりありませんが、雨水が建材などに浸透すると腐食を引き起こし、建物の耐震性に大きく影響してしまいます。
柱・壁・屋根が腐食によって揺れに脆弱になると倒壊の恐れがあり、未然に防ぐとしても大規模な改修工事・建て替え工事が必要に。

外壁塗装は雨水による浸食を防ぐために、約10~15年ごとに行うことをオススメします。
現在は汚れがつきにくく、耐用年数が20年とされている丈夫な塗料もございます。
改修工事に比べると出費も抑えられるため、築10年が経過した建物をお持ちでしたら、ぜひご検討ください。

▼外壁塗装が必要なサイン
・外壁が色あせしている
・外壁に触ると白い粉がつく
・カビ、コケ、藻がついている
・塗膜がはがれてきている
・ひび割れがある
・コーキング(シーリング)がひび割れている

内装塗装

内装塗装は壁紙クロスでは難しい、上品な質感を作りだすことができます。
カラーバリエーションも豊富なので、室内や店舗内の雰囲気に合わせられるでしょう。

昨今の店舗様ではコンクリート打ちっぱなしの内装デザインが好まれる傾向にあり、そのような場所ではクロスの滑らかさよりもコンクリートの質感を生かせる塗装が採用されております。
基本としてどのような下地でも塗装は可能ですが、塗料との相性もあるため、ご依頼の際は詳しくヒアリングをいたします。
お客様のイメージを実現しましょう。

▼そのほかオススメポイント
・キズや汚れが生じても、上から塗りなおすだけで済む
・クロスをはがす手間がなく、廃材も出ない
・珪藻土や粘土を含んだものもあり、個性を出せる
・化学物質の放散量が抑えられた塗料もあり、小さなお子様、ご高齢の方、飲食店様などにぴったり

コーキング工事

現在の外壁はサイディングがほとんどを占めていますが、このサイディングはパネル状になっており、パネルとパネルの間にあるつなぎ目をふさぐのが、このコーキングです。
コーキングは雨水の浸入を防ぐほかに、弾力性があることから地震などの揺れや衝撃を吸収し、サイディングのひび割れを防ぐ役割があります。
しかし、このコーキングも年数がたつと劣化してしまい、補修を怠るとひび割れたコーキング部分から雨水が入り込んでしまうことに。

コーキング工事は外壁塗装とあわせて必ず行う工事なので、工事後は高い防水性を発揮します。
たいていは既存のコーキングを取り去ってから、新しいコーキング材を充填する打ち替えをオススメしておりますが、予算の少ない方には既存のコーキングの上から新しいコーキング材を充填する増し打ちもご提案いたします。

▼コーキングの劣化サイン
・ひび割れている
・痩せて、細くなっている
・はがれている
・べたついている
・汚れが目立つ

各種足場工事

外壁塗装のほか内装塗装でも、塗装する場所が2mを超える場合は足場の設置が義務付けられています。 そのため、外壁塗装はとくに足場工事が必須です。 株式会社FUJITAでは、ほかの業者に依頼することなく足場を組めますので、外壁塗装の際は他社と比べて足場代を抑えることができます。

塗装工事以外でも足場を組めますので、お客様がご入用の際は、お気兼ねなくお問い合わせください。

 

一覧ページに戻る